スポンサーリンク

個別株式どの株を買えば良いのかについてお話します

今回は、どの株を買えば良いのかについてお話したいと思います。

個々の企業が株式の上場をしていますので「その企業がどうゆう会社なのか」「どうゆう成長をするのか」とゆうところに注目していく必要があります。

前回お話した日経平均株価は、日本企業の255社による平均株価でした。

しかし、株式のマーケットは日本だけではありません。

海外の株式の株も買うことが出来ます。

前回は日経平均株価について説明しました。

前回の記事は「今更聞けない日経平均株価って何ですか?」から読めます。

この記事へGoogleの検索を使用された方は、Googleの親会社である「Alphabet」の株を買うことも可能です。

スポンサーリンク

Google(Alphabet)の株価

Googleと言えば、gmailやyoutubeなどインターネットのあらゆるサービスをGoogleが提供しています。

インターネットのサービス・インフラと言える企業です。

そんな成長し続けているGoogleは、株価も上がっているのは想像出来ると思います。

そこで、Googleの株価(親会社のAlphabet株価)が、過去5年間で何倍になっているか予想してみてください。

Googleの株価(Alphabetの株価)は、過去5年で約2.5倍になっています!

5年前にGoogleの株を購入していれば、約2.5倍になっているって事です。

純粋に物凄いことですよね!

前回の日経平均の70年よりは、5年間は現実的な投資想定となります。

スポンサーリンク

企業の成長を自分で判断する

他にもアメリカに上場しているIT企業は、成長している企業が多くあります。

Amazon(アマゾン)の株価は、過去5年間で約5.7倍
facebook(フェイスブック)の株価は、過去5年間で約7.8倍
Apple(アップル)の株価は、過去5年間で約3倍
Netflix(ネットフリックス)の株価は、過去5年で約11.3倍

きっと皆さんも当たり前のよう利用しているサービスがあるんではないでしょうか。

ワクワクしてきますよね。

それでは、紹介した企業の個別株を購入すれば良いのでしょうか?

紹介した企業の株を購入すれば同じ様な上昇となるかは、自分で判断する必要があります。
今後の5年間で成長しそうな企業を探して投資を行えば、何十倍になる可能性もあります。
当然ですが、株価は上がることもあれば下がることもあります。

これから投資しようとする企業が「どのようなサービスを行う予定なのか」「利用者がどのくらい増えるのか」など、いろいろな要素があります。

投資する企業がどの様に成長していくかに注目して、困知勉行するのはとても楽しいと思います。

初めは企業の情報を知るのは難しいと思いますので、自分の身近なところから買うのも1つの手段になります。

最後に

アメリカの市場に上場しているIT企業を例にして、個別株の状況をお伝えしました。

次回は、日本の株式における「配当利回り」について説明していきたいと思います。

「配当利回り」なんだか難しそうな言葉ですが、分かりやすく説明していくので安心してください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

おすすめ証券会社トップ3
投資するならSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

ネット証券人気・実力No1

ネット投資を始めるならSBI証券と言って過言ではないでしょう。
私も使用している証券会社です。
また、多くの個人投資家のメイン口座として人気です。

IPO銘柄取扱数も絶対的に豊富

SBI証券はネット証券で大手の総合証券と同等以上の新規公開株を取扱っています。
なんとネット証券でありながら、2018年のIPO取扱銘柄数No1となっています。

当然NISA口座なら売買手数料は無料

SBI証券のNISA口座なら、国内株式の売買手数料は無料です。
また、海外ETFについても買付無料なんです。
NISA口座も絶対にSBI証券がオススメです。

楽天ポイントも貯められる楽天証券

取引しながら楽天ポイントが貯まる!

楽天証券で株取引額に応じて楽天グループで使える「楽天スーパーポイント」が貰えることを始めとして様々なサービスを受け取る事ができます。

60万人が利用する超人気取引ツール

楽天証券のツール「MarketSpeed」は60万人が利用する人気ツールです。良い株式投資には良いツールが欠かせませんよ!

楽天会員なら口座開設が最短30秒で完了します!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は, なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

手数料で選ぶなら断然DMM株

手数料の安さは業界トップ!

注文手数料の安さは業界最安値。
さらに東証・名証・福証・札証の国内4取引所の銘柄が取引でき、日本全国の株式を業界最安水準となってます。

WEBの取引画面が秀逸

WEB作成会社が作ったWEB取引画面なので、非常に使いやすくデザインが秀逸です。
パソコン用Web画面はセンスを感じるデザインとかゆい所に手が届く機能を満載。
また、スマホアプリも簡単モード/ノーマルモードの切替が可能で、初心者も絶対満足できると思います。

DMM 株ポイントを貯めて現金に交換

取引の度にDMM 株ポイントが貯まり、貯まったDMM 株ポイントは現金に交換可能です。
どんどん取引してDMM 株ポイントを貯めて、更に儲けちゃいましょう。

スポンサーリンク
投資はじめの一歩
年収400万円が行うべき最善の投資