スポンサーリンク

個人型確定拠出年金iDeCoについて学ぶ:税制優遇が抜群で絶対オススメ!

今回は、確定拠出年金について説明していきます。

確定拠出年金ってあまり聞きなれない名称だと思います。

iDeCoだと聞いたことがあるって方が増えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

個人型確定拠出年金「iDeCo」とは

みなさんは、国民年金には加入されていらっしゃると思います。

前回の記事「年金を運用する投資のプロの機関投資家とは?」で年金制度について説明させて頂きましたが、年金の運用はGPIFで運用されています。

国民年金とは別に、ご自身で拠出をして自分で作る年金制度を個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」といいます。

多くのサラリーマンは、企業が制度として退職金を準備しています。

サラリーマンの場合は、企業が退職金の積立し運用を行っていますが、自営業の場合はどうでしょうか。

自営業の方は退職金の運用って無いですよね。

そのため、老後が少し心配になりますね。

そこで、自分の退職金を自分で積み立てるのが、個人型の確定拠出年金として掛け金を出して運用していく、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」制度になります。
年金という名称が含まれていますが、国民年金の年金とは全く別の制度となります。
イメージとしては、掛け金をご自身で積み立てていきながら、ご自身で運用する制度です。
自営業の方だけではなく、サラリーマンの方も加入できます。
スポンサーリンク

年金を自分で運用するとは?

「年金を自分で運用する?」って何かピンと来ない感じですよね。

iDeCoの口座は、単純に毎月定額を貯金して、退職金を積み立てる訳ではありません。
積み立てたお金を投資信託で運用する口座になります。

通常の投資信託と何が違うのか?

通常の投資信託で商品を買うのと、iDeCoで投資信託の商品を買うというのは、同じ投資信託を買うという意味では同じですが、何が違うのか?

iDeCoは、税制の面で優遇が得られるのがポイントになります。

iDeCoの3つの税制の優遇メリット

1つめは、所得税と住民税の軽減がされます。
お金を積み立てて拠出をしているとき、所得税と住民税の軽減がされる事がメリットとしてあげられます。
積み立てた掛け金が全額所得控除となります。
これにより節税となります。
2つめは、運用時して得た利益には税金が掛かりません。
通常の投資信託であれば、儲けの20パーセントに対し税金が掛かります。
60歳以降に受け取るとき、利益は全額非課税となります。
3つめは、公的年金等の控除、あるいは、退職所得控除という税金が軽減されます
通常は退職所得の扱いとなりますので、所得税が発生しますが、こちらが優遇されます。
スポンサーリンク

iDeCoの注意点

ただしiDeCoについて、一つだけ留意しなければいけない事があります。

60歳になるまで掛け金を引き出すことが出来ません。

60際以降にまとめて一括でもらうか、または、分割でもらうかを選択する事ができます。

また、積み立てて拠出しているときに、購入されている商品の内容を変更したい場合は、スイッチングといって運用する商品を変更する事ができます。

iDeCo積立の上限金額

積み立てるられる上限金額は、決められています。

職業上限金額
公務員月額1万2000円
会社員(企業年金あり)月額1万2000円・2万円※1
会社員(企業年金なし)月額2万3000円
専業主婦(夫)月額2万3000円
自営業月額6万8000円※2

自営業の方は、最高で月額6万8千円となっています。

サラリーマンの場合は、最高で月額2万3千円となっています。

サラリーマンの場合は、企業年金制度の有無により、拠出限度額か異なります。

残念ながら「iDeCoが非常にお得なので、毎月100万円ずつ積み立てします!」というのは出来ないんです。

スポンサーリンク

最後に

iDeCoについて説明していきました。

iDeCoは節税という意味では、ものすごく優秀な制度となっています。

利益が出ても、その利益に対して税金が掛からないので、かなりのお得感がありますよね。

ただし、60歳以降になるまでは、積み立てたお金を途中で引き出すことが出来ません。

サラリーマンの方は、会社の年金制度によってiDeCoを取り扱っていない場合があります。

私が務めている会社は、iDeCoに入る事が出来ませんでした。

サラリーマンの方は、努めている会社にiDeCoが出来るか確認して、入れるのであればiDeCoを始められる事を強くお勧めします。

もちろん自営業の方は、無条件でiDeCoをおすすめします。

iDeCoは決められた上限額を毎月積み立てていき、60歳以降にならなければ受け取れない条件があるが、優れた税制メリットを受けられる制度です。

iDeCoを始めるには、証券会社で口座を作る必要があります。

SBI証券などの証券会社で口座を作る事ができますので、確認してみてください。
SBI証券[旧イー・トレード証券]

最後まで読んで頂き、誠に有難う御座いました。

おすすめ証券会社トップ3
投資するならSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

ネット証券人気・実力No1

ネット投資を始めるならSBI証券と言って過言ではないでしょう。
私も使用している証券会社です。
また、多くの個人投資家のメイン口座として人気です。

IPO銘柄取扱数も絶対的に豊富

SBI証券はネット証券で大手の総合証券と同等以上の新規公開株を取扱っています。
なんとネット証券でありながら、2018年のIPO取扱銘柄数No1となっています。

当然NISA口座なら売買手数料は無料

SBI証券のNISA口座なら、国内株式の売買手数料は無料です。
また、海外ETFについても買付無料なんです。
NISA口座も絶対にSBI証券がオススメです。

楽天ポイントも貯められる楽天証券

取引しながら楽天ポイントが貯まる!

楽天証券で株取引額に応じて楽天グループで使える「楽天スーパーポイント」が貰えることを始めとして様々なサービスを受け取る事ができます。

60万人が利用する超人気取引ツール

楽天証券のツール「MarketSpeed」は60万人が利用する人気ツールです。良い株式投資には良いツールが欠かせませんよ!

楽天会員なら口座開設が最短30秒で完了します!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は, なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

手数料で選ぶなら断然DMM株

手数料の安さは業界トップ!

注文手数料の安さは業界最安値。
さらに東証・名証・福証・札証の国内4取引所の銘柄が取引でき、日本全国の株式を業界最安水準となってます。

WEBの取引画面が秀逸

WEB作成会社が作ったWEB取引画面なので、非常に使いやすくデザインが秀逸です。
パソコン用Web画面はセンスを感じるデザインとかゆい所に手が届く機能を満載。
また、スマホアプリも簡単モード/ノーマルモードの切替が可能で、初心者も絶対満足できると思います。

DMM 株ポイントを貯めて現金に交換

取引の度にDMM 株ポイントが貯まり、貯まったDMM 株ポイントは現金に交換可能です。
どんどん取引してDMM 株ポイントを貯めて、更に儲けちゃいましょう。

スポンサーリンク
投資はじめの一歩
年収400万円が行うべき最善の投資