スポンサーリンク

サラリーマン不動産投資家の為のAD広告料解説

今回は、サラリーマン不動産投資家の為のADについて解説します。

スポンサーリンク

不動産業界におけるAD「広告料」とは!?

AD「広告料」とは、賃貸不動産の入居者募集の際に、不動産オーナーから賃貸不動産業者に支払う広告料です。

ADはadvertisementのことで広告料を意味します。

不動産投資で言われるADは、賃貸不動産業者へ支払いする、広告料の事を指します。

賃貸サイトに広告を載せたり、賃貸のチラシに広告を載せるなど、広告活動をしたことへの報酬として、賃貸不動産業者へ支払いします。

AD「広告料」は広告費として使われていない!?

AD「広告料」となっていますが、実際には賃貸不動産業者へ支払う、手数料となっているのが実情です。

賃貸不動産業者は、賃貸の契約を締結できれば、仲介手数料を受け取る仕組みとなっています。

しかし、賃貸物件が過剰供給となっている現在では、広告料という名目で特別な報酬を賃貸不動産業者へ支払うことで、自身の物件を優先して客付けしてもらえるよう、差別化を図る手数料として慣習化されています。

広告料の形として、賃貸不動産業者の自社Webサイトへ掲載程度はされている程度となっています。

高いAD「広告料」は効果あり!?

「空室期間を短くしたい!」

「入居者を早く見つけたい!」

といった理由から、仲介業者へやる気をださせるために、AD「広告料」を多く支払うオーナーもいます。

しかし、本当に高い広告料を設定すれば、空室期間を短くできるのでしょうか。

客付けしやすい物件であれば、賃貸不動産業者の営業は、自身の売上ノルマがあるので、広告料の高い物件を優先して客付けするよう動きます。

しかし、あくまでも客付けしやすい物件である事が条件となります。

高い広告料を設定したとしても、客付けしづらい物件の場合は、賃貸不動産業者の営業は紹介もしない事が多いです。

なぜかと言うと、いくら賃貸不動産業者の営業が、お客さんへ物件を紹介しても、契約できない物件であれば時間の無駄になるからです。

そのような物件を紹介するのであれば、客付けしやすい物件を紹介して、確実に売上を上げるのは当然の判断だと言えます。

高い広告料を設定しても客付けできない物件の場合は、物件の家賃を見直すなどの根本的な対策が必要と考えるべきです。

また、高い広告料を設定して客付けしても、広告料が大きな支出にとなり、回収までに長い期間が掛かるってしまっては、空室期間が長い状態と変わりません。

支出と収入のバランスに気をつけて、有効なAD「広告料」設定を心がけましょう。

おすすめ証券会社トップ3
投資するならSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

ネット証券人気・実力No1

ネット投資を始めるならSBI証券と言って過言ではないでしょう。
私も使用している証券会社です。
また、多くの個人投資家のメイン口座として人気です。

IPO銘柄取扱数も絶対的に豊富

SBI証券はネット証券で大手の総合証券と同等以上の新規公開株を取扱っています。
なんとネット証券でありながら、2018年のIPO取扱銘柄数No1となっています。

当然NISA口座なら売買手数料は無料

SBI証券のNISA口座なら、国内株式の売買手数料は無料です。
また、海外ETFについても買付無料なんです。
NISA口座も絶対にSBI証券がオススメです。

楽天ポイントも貯められる楽天証券

取引しながら楽天ポイントが貯まる!

楽天証券で株取引額に応じて楽天グループで使える「楽天スーパーポイント」が貰えることを始めとして様々なサービスを受け取る事ができます。

60万人が利用する超人気取引ツール

楽天証券のツール「MarketSpeed」は60万人が利用する人気ツールです。良い株式投資には良いツールが欠かせませんよ!

楽天会員なら口座開設が最短30秒で完了します!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は, なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

手数料で選ぶなら断然DMM株

手数料の安さは業界トップ!

注文手数料の安さは業界最安値。
さらに東証・名証・福証・札証の国内4取引所の銘柄が取引でき、日本全国の株式を業界最安水準となってます。

WEBの取引画面が秀逸

WEB作成会社が作ったWEB取引画面なので、非常に使いやすくデザインが秀逸です。
パソコン用Web画面はセンスを感じるデザインとかゆい所に手が届く機能を満載。
また、スマホアプリも簡単モード/ノーマルモードの切替が可能で、初心者も絶対満足できると思います。

DMM 株ポイントを貯めて現金に交換

取引の度にDMM 株ポイントが貯まり、貯まったDMM 株ポイントは現金に交換可能です。
どんどん取引してDMM 株ポイントを貯めて、更に儲けちゃいましょう。

スポンサーリンク
不動産投資はじめの一歩
年収400万円が行うべき最善の投資