スポンサーリンク

サラリーマン不動産投資家が理解しているつもりの「利回り」について解説

今回は、基礎の基礎となる「利回り」について説明します。

「利回り」は、投資基準のひとつです。

そして、この「利回り」は、全てのサラリーマン不動産投資家を惑わせています。

サラリーマン不動産投資家で、「表面利回り」、と「実質利回り」を理解していない人が多いのも特徴です。

表面利回りが高くても、手元に残るお金が少ないのでは、不動産投資をする意味が有りません。

サラリーマン不動産投資家に贈る、いまさら聞けない「利回り」についてを開設していきますね。

スポンサーリンク

利回りとは?

「利回りと」は、支出に対する収入の割合のことです。

利回りには、「表面利回り」と「実質利回り」の2種類があります。

「表面利回り」と「実質利回り」を順に説明していきます。

表面利回り

表面利回りは、

年間家賃収入 ÷ 物件価格 = 表面利回り

上記の計算式で算出されます。

例えば、1億円で買った物件から、年間1千万円の家賃収入を得られる想定の場合、利回りは10%となります。

1千万円(年間収入) ÷ 1億円(物件価格) = 10%(表面利回り)

注意しなければならないのは、あくまで満室での想定で算出されます。

実質利回り

実質利回りの定義は諸説ありますが、一般的に使われる実質利回りを説明していきます。

(年間家賃収入 - 経費) ÷ 物件価格 = 実質利回り

上記の計算式で算出されます。

例えば、先程の1億円の物件で、年間経費が100万円だった場合の実質利回りを計算してみます。

(1千万円(年間収入) - 100万円(経費)) ÷ 1億円(物件価格) = 9%(実質利回り)

表面利回りよりも、実質利回りの方が、より投資として現実味のある数値となります。

最後に

「表面利回り」と「実質利回り」の違いが分からず、「利回り」に惑わされる「利回り星人」ならないよう、しっかりと違いを理解して正しい投資物件の検討をおこないましょう。

最後まで読んでい頂き、誠に有難う御座いました。

おすすめ証券会社トップ3
投資するならSBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

ネット証券人気・実力No1

ネット投資を始めるならSBI証券と言って過言ではないでしょう。
私も使用している証券会社です。
また、多くの個人投資家のメイン口座として人気です。

IPO銘柄取扱数も絶対的に豊富

SBI証券はネット証券で大手の総合証券と同等以上の新規公開株を取扱っています。
なんとネット証券でありながら、2018年のIPO取扱銘柄数No1となっています。

当然NISA口座なら売買手数料は無料

SBI証券のNISA口座なら、国内株式の売買手数料は無料です。
また、海外ETFについても買付無料なんです。
NISA口座も絶対にSBI証券がオススメです。

楽天ポイントも貯められる楽天証券

取引しながら楽天ポイントが貯まる!

楽天証券で株取引額に応じて楽天グループで使える「楽天スーパーポイント」が貰えることを始めとして様々なサービスを受け取る事ができます。

60万人が利用する超人気取引ツール

楽天証券のツール「MarketSpeed」は60万人が利用する人気ツールです。良い株式投資には良いツールが欠かせませんよ!

楽天会員なら口座開設が最短30秒で完了します!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は, なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

手数料で選ぶなら断然DMM株

手数料の安さは業界トップ!

注文手数料の安さは業界最安値。
さらに東証・名証・福証・札証の国内4取引所の銘柄が取引でき、日本全国の株式を業界最安水準となってます。

WEBの取引画面が秀逸

WEB作成会社が作ったWEB取引画面なので、非常に使いやすくデザインが秀逸です。
パソコン用Web画面はセンスを感じるデザインとかゆい所に手が届く機能を満載。
また、スマホアプリも簡単モード/ノーマルモードの切替が可能で、初心者も絶対満足できると思います。

DMM 株ポイントを貯めて現金に交換

取引の度にDMM 株ポイントが貯まり、貯まったDMM 株ポイントは現金に交換可能です。
どんどん取引してDMM 株ポイントを貯めて、更に儲けちゃいましょう。

スポンサーリンク
不動産投資はじめの一歩
年収400万円が行うべき最善の投資